離婚の種類

離婚の種類

離婚を手続別に分類すると、4種類あります。
「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」です。
協議離婚は、当事者同士で合意に至って離婚届に判を押せば終わりです。
調停離婚は、家庭裁判所で調停の申し立てをし、家事裁判官や家事調停官を交えて話し合いを行います。
合意内容が記される調停調書には法的実行力がありますので、口約束だけして知らんぷりということはできなくなります。
協議離婚では養育費などの約束事を守ってくれないのでは、と危惧されている場合は調停離婚したほうがいいでしょう。
ここまでは弁護士はかならずしも必要ないです。
調停が合意に達しなかった場合で、それでも離婚したほうがいいと判断された場合審判離婚が執り行われます。
ただ執行条件が難しく、ほとんど行われることはありません。
裁判離婚は、その名の通りの方法です。
浮気など離婚にじゅうぶんな理由がある場合にしか使えません。
フィーリングが合わないので裁判してでも離婚したい、なんて場合には無理です。
これは完全に法的な専門知識などが必要になるので、弁護士はほぼ必須です。http://ricon-pro.com/knowledge/rikontodoke


http://www.meualbum.com/