原発問題と電力自由化について

原発問題と電力自由化について

東日本大震災を受けまして、電力に関する世間の風潮は一変しました。
今まではクリーンエネルギーとして推進されてきた原子力ですが、先の福島原発事故を受けまして、一気に世論が脱原発へと変容しました。
マスコミや野党政治家も脱原発でタッグを組んでおり、またメディアでは市民団体が連日デモを進める様子が流され、司法によって原発停止の命令が下される等、日本国内おいて、かつての夢のクリーンエネルギーは厳しい立場を強いられています。
先の福島原発事故は津波による電力損失および現場への適切な指示が出されなかった事による人災としての側面が非常に大きいのですが、メディアではさも原子力発電そのものが害と報じられているのが現状です。
しかし世論は脱原発一色であり、大手電力会社の方ももはや安全が保証された原発さえも再稼働させられない状況に陥り、庶民は結果的に電気代の値下げという手痛いデメリットを受けるばかりです。
本来であれば電力自由化を受けまして、既存の大手電力会社が新規参入のサービスに負けぬよう、原発再稼動によって得られた利益を住民に還元する形で、大幅な家庭向け電気代が値下げされる予定が立っていましたが、いわゆるマスコミや市民団体の世論形成によって、流れてしまった感も否めません。
しかし、一方で規制緩和の一つである電力自由化によって契約先が選べるようになったため、原発停止で上がってしまった電気代を、契約先を変えるというやり方で節約する事が可能となりました。
今現在、多くの家庭では地方にあります大手電力会社と契約しているはずです。
そういった大手電力会社は原発停止による経営危機を迎えているため、電気代が高くなる傾向がありますので、新規参入してきた新しい契約先に乗り換えた方が家計の負担が減ります。


http://www.meualbum.com/